マレーシア首相コメント

マレーシア首相の ナジブ  ラザク    氏が今回の摘発についてコメントしている。政府全体でこの悪しきスキームに対峙していることが、改めて明白になった。

また、現在もMBIの資産は凍結されていることが判明した。

 

以下訳

ネズミ講会社に関連付けられている296百万リンギッド合計165の銀行口座凍結

 

クアラルンプール:当局はネズミ講企業との関係を持つ296百万リンギッドを保有する165の銀行口座を 現在 凍結していると首相のナジブ ラザクは述べた。

 

議会への書簡で、首相は、5月に警察と国内貿易協同組合、消費者主義省が実施したネズミ講を抑制するための3つの作業を発表した。

 

彼は、その業務は検事総長室によって調整されたと付け加えた。
財務大臣でもあるナジブ氏は、様々な法律の下で当局から9件の捜査が行われたと述べた。

彼は、今年Bank Negaraがいくつのネズミ講やリッチ・クイック・カンパニーを調査したかを確認した Sim Tze Tzin(PKR-Bayan Baru)の質問に答えた。

 

シム氏はまた、どのくらいの金が凍結されたのか、それが投資家に返還されるのか尋ね。

 

Datuk Seri副首相、Ahmad Zahid Hamidi博士はSimに対する別の国会答弁で、マレーシア国内の90人の外国人が警察の調査に基づいてネズミ講の犠牲者であったと述べた。

 

内相は、被害者は中国、台湾、イエメン出身であると述べた。
関与する企業は、JJ Poor to Rich(JJPTR)、Monspace、MBI、Morgage Capital Sdn Bhdと述べた。 

 

いくつかの不正な投資スキームの崩壊に伴い、マネーゲームの問題が最近になって明らかとなった。

 

JJコマース・トレーディングとJJオンライン・エンタープライズは、4月に崩壊したJJPTRの投資スキームと関連していると考えられている。同社は、ハッキングを目的とした仕事に対して400百万米ドル(17億リンギ)を失ったと主張している。

 

JJPTRの創設者ジョンソン・リーと彼の補佐官の2人が5月16日に警察に逮捕され、5月23日に警察の保釈のために釈放された。

 

同社は公式サイトwww.jjptr.comを閉鎖し、ペナンのオフィスを閉鎖した。 

 

出典:The Star

7月27日付

http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/07/27/pm-165-bank-accounts-totalling-rm296mil-linked-to-money-games-companies-frozen/

 

f:id:gorgevparis448:20170728064559j:image

 

mface 摘発準備完了

本日、マレーシア警察の高官が国境を超えた犯罪組織の捜査は順調で近く摘発に入ると述べた。

 

以下訳

マレーシア警察トップ:マレーシアとタイの警官は国境を超えた犯罪に対して準備が出来ている。  

 

クアラルンプール:マレーシア警察は、国境を越えた犯罪に対処するためにタイと密接に協力すると、タン・スリ・ハリド・アブ・バカール警部官の検査官は述べている。

 

「国際協力は常に、特に近隣諸国との間では規範となっています。

「国境を越えた犯罪に対処することに全力で取り組んでおり、他の警察と協力して準備を進めている」と同氏は記者会見で、警察訓練センターの他の警官や職員と一緒に、月曜日に述べた。

 

トップの人物は、4人のタイの法執行機関の関係者が、タイの「国境を越えた犯罪組織」であると非難されたマレーシア企業への調査中であり、火曜日から2日間、マレーシアにいるという報告書にコメントしていた。

 

彼らは、マレーシアの協力者と会い、両国での事業運営を行っている同社に関するより多くの知識を得るでしょう。

 

4人のタイ当局の代表が帰国すると、会社に対する法的手続が始まることが判明しています。

動画

https://youtu.be/vZQvXM1uOUY

 

 

出典:The The Nation

7月24日付

http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/07/24/igp-malaysia-and-thai-cops-ready-to-join-forces/

 

f:id:gorgevparis448:20170724195537j:image

 

 

 

広告を非表示にする

mfaceタイテレビ報道

7月1日にお伝えした、タイ当局の

麻薬組織への摘発について、

http://gorgevparis448.hatenablog.com/entry/2017/07/01/mface

でお伝えしたが、

 

タイのテレビ局チャンネル3の報道を入手したので急ぎご紹介する。

訳が無く恐縮だが、動画をご覧になれば

理解頂ける内容だと思う。

 

以下内容

https://youtu.be/G5cxLPuSb_0

出典:タイ チャンネル 3

6月28日付

 

 

 

広告を非表示にする

mfaceタイ違法登記

 5月20日にお届けした、タイの特別捜査本部の記事

http://gorgevparis448.hatenablog.com/entry/2017/05/20/mfaceタイ特別捜査本部

に補強する材料があったのでご紹介する。

 

 タイの違法な登記設立者と結ばれたマレーシア投資グループ

 

特別調査部(DSI)は、タイに外貨を密輸したとして非難されたマレーシアの投資グループに関連した20の企業を調査している。
主要証人は、DSI当局の最新施設捜索時に発見された貸出書類が偽造されたと証言している、とSuriya Singhakamol DSI副局長は土曜日に述べた。
Suriya氏は、同局が長期でこの企業を調査していると述べた。 DSIは、元司法長官のPaoom Koomchayaからの指示に続いて、税務上の支払いと商取引を調査する歳入部が加わり、事業開発部はビジネス登録とタイの候補者を使用したかどうかを調べた。
この調査ではこれまで、タイの不正な事業登録にタイの候補者を使用している5社の証拠が見つかった。
また、タイの候補者が署名した貸出書類は偽造品であるとも述べた。

 

出典:The Nation

4月27日付

https://www.pressreader.com/thailand/the-nation/20170424/281560880678045/textview

 

 

 

広告を非表示にする

mfaceと麻薬組織2

各位

 

昨日のマレーシアの中華系日刊紙

星洲新聞(中華系では売上No1)の17日夕刊1面の記事をご紹介する。

タイとマレーシアのMBIに対する麻薬捜査での捜査協力が合意され、マレーシアで開始された。

 

以下訳

 

月末、タイ特別捜査グループはマレーシアに到着・マネーゲーム会社の麻薬関与を調査

最近、同社は通商消費局で調査されており、約2億リンギットの数件の銀行口座の現金が凍結された。

(16日クアラルンプールニュース)タイは月末に特別査問グループをマレーシアへ派遣、マネーゲーム会社はタイの国際犯罪活動容疑について調査された。

最近、同社は通商消費局で調査されており、約2億リンギットの数件の銀行口座の現金を凍結された。

本日の午後、《馬新社》にて情報を引用し、先日マレーシアとタイの両国の麻薬取締警察はタイチエンラーイ県にて、マレーシア当局からこの会社と関連している資料や情報を獲得するため、タイの調査員がマレーシアへ来る許可に合意した。

報道によると、タイの調査員がマレーシアに来た目的の一つは、この会社と国際麻薬活動に関連した一つの手がかりを追跡する事である。

情報によると、タイ警察は昨年三月に摘発された282キロの覚醒剤事件を調査しており、逮捕された2名の麻薬販売者がこの会社と金銭取引をしていたことが判明し、調査員はこの会社が麻薬活動に関与していると疑った。

タイ警察は1年間詳細調査をした

タイ警察は、この会社及びその子会社について、綿密な調査に一年間を費やした。

一人の調査官によれば、両国の警察はこの会社に立ち入り調査を展開すると共に各側が持っている情報や証拠について討論する計画です。

情報によると、タイ当局はこの会社がマレーシアとタイにて会社運営に関連しているかどうかを知りたがっている。

報道によると、この特別査問グループはタイ麻薬管理局(ONCB)、麻薬取締所(NSB)、特別調査部(DSI)、マネーロンダリング対策オフィス(AMLO)及び商業発展部の人員より構成している。タイ中央銀行も特別査問グループの調査に協力している。

報道によると、調査されたこの会社は、数年前にタイに設立してから急激に展開発展している。会社の運営場所は主にダンノック(Dannok)やハジャイ(HAT YAI)、運営している産業は不動産、娯楽、テーマパークや飲食業などを含む。

今年4月、タイ当局はハジャイやサイアムの数件の関連子会社を家宅捜査し、且つ同社の創設者に、タイ麻薬管理局はこの会社の傘下子会社の1400万バーツ(約175万リンギット)を凍結するという調査協力を要求した。

情報によると、同社の創設者は弁護士を派遣して調査員と会うと共に、現金の凍結を解除することを要求したが、創設者自ら調査員と会い、現金の経緯を説明することは拒否した。

 

出典:星洲新聞

7月16日付

http://www.sinchew.com.my/node/1663298/泰国专案小组月杪抵马‧查金钱游戏公司涉毒

7月17日付星洲新聞夕刊

f:id:gorgevparis448:20170718111201j:image

 動画(百格NEWS)

 

http://youtu.be/XdOQCsceFrI

 

f:id:gorgevparis448:20170718111345j:image

 f:id:gorgevparis448:20170718111637j:image

広告を非表示にする

mface円天との相似点

mfaceは、現状破綻しているが、どんな状況下は、過去のネズミ講の経緯を分析すると、容易に分かる。

 

* 2007年2月 - 現金配当を停止。
* 2007年4月 - 静岡県の会員が返金を求めて静岡地裁に提訴。
* 2007年9月20日 - 役員らを除くほとんどの従業員を解雇。
* 2007年10月1日 - 東京都が立ち入り調査を実施。
* 2007年10月3日 - 出資法違反容疑で、被害届の出ている都県警察の合同捜査本部による強制捜索を受ける。
* 2007年10月10日 - 波和二のブログによれば、新たに「元金円天市場」なる新たな市場を設立し、さらに資金集めを行っている事実が判明。

* 2007年10月31日 - 会員11人がエル・アンド・ジーと波和二に対して破産の申し立てをする。
* 2007年11月26日 - 東京地方裁判所によりエル・アンド・ジーの破産手続開始決定。負債総額は約880億円。
* 2008年1月10日 - 東京地方裁判所により波和二個人の破産手続開始決定。
* 2009年2月3日 - 警視庁が詐欺の容疑で波和二会長ら22名[1][2]の逮捕状を請求。
* 2009年2月5日 - 詐欺の容疑で波和二が警視庁に逮捕される。
* 2009年2月26日 - 波和二他22人、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)で再逮捕される。
* 2010年3月18日 - 波和二に対し東京地裁は組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)で求刑通り懲役18年の実刑判決を言い渡した。なお弁護側は「無罪でなければ控訴する」との理由から東京高裁に即日控訴した。

以上、wikiより

この記録からはっきり分かることは、
支払が止まり、事案化したあとも詐欺師達は
逮捕されるまで騙し取る事をやめなかった事だ。

今回も、化粧直しをして、別の仮装通過で騙そうとしている。

時代が変わっても詐欺師は同じパターンです。

騙されてはいけない!

 

 

広告を非表示にする

mface兵庫県警生活安全課の見解

Mモール、Mトラベルは崩壊しています。

換金も不能の状態です。

ミリオンクラブは内部崩壊しています。

今後換金のクレームが殺到します。

早めに地元の消費者センター、地元自治体の無料弁護士サービス、地元の警察署の生活安全課を御利用下さい。

警察へは、地元の警察署の「生活安全課」か

直通番号 ♯9110までご連絡ください。

地元の警察のオペレーターに繋がります。

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/3.html

 

別に、昨日、神戸県警 生活安全課の担当者の方とお話ししました。

神戸県警の見解は、実際の契約の内容、支払った口座の記録などを契約者本人が持参してくれれば、調べたいので連絡欲しいとの事でした。

被害の情報提供を再度お願い致します。

 

皆様の個々の被害情報が摘発に繋がります。

神戸県警  生活安全課

078-341-7441

内線3367