税理士Hさんとの対話

29日にクラブワンのイベントがあり、その前日に講演予定者の税理士Hさんと

お話した。

  彼はmfaceの現況については、ご存知なかった。


先方のスタンスは、何方からお話があっても、「納税の重要性」を説明するというものだった。要は呼ばれればどこでも行くという事だ。
マレーシアでの摘発の話をすると「えー!」と驚かれており、「ただ、前日なのでキャンセルは出来ない」と慌てていらした。
このままだと詐欺師達に「おかず」として利用されますよと申し上げると、「本当ですね、今後よく考えます」と述べられていた。相手先の素性も分からず、セミナーを引き受ける姿勢は疑問だが、ビジネスとして割り切っている。

くれぐれもご注意頂きたいのは、彼はmfaceを支持しているわけでは無い。

 

これが一番重要だ。

 

 

広告を非表示にする