読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mface台湾摘発2

各位

台湾より、捜査の現況など重要な一報が入りましたので急ぎ御連絡申し上げます。

10人起訴、4月審理開始

 

以下、引用

 

MFC詐欺事件 30億元摘発も続く被害

マレーシアのMBIグループによる台湾でのねずみ講事件。グループは「MFC CLUB」と称するSNSのページを設立、「必ず儲かる」とした仮想ゲームコイン「GRC」への投資を呼びかけ、昨年台中捜査当局の取り調べを受けるまでに30億元余りを騙し取っていた。中国系マレーシア人の戴通明被告及び台湾での代理人となった王金木被告ら10人が起訴されたが、MBIグループは未だに台湾で活動を続けているようだ。本紙には「家族が被害に遭っている」という読者からの情報提供が次々に寄せられた。当局は今後も捜査を続け、出資をしないよう呼びかけていく予定だ。

読者「文さん」が本紙に伝えた内容は以下の通り。最近、昨年MFCに投資したという親戚が、「8ヶ月で元がとれた」と両親のもとへ足しげく勧誘に来るようになった。家や車を買った親戚の一家は、全員がお金をつぎ込んでいるという。「両親にもしつこく勧めてくるんです」。「そんなうまい話があるわけがない」と文さんは言ったが、家や車の話は本当らしいと知った両親は心を動かされてしまった。「怒りが収まらず165に連絡しました。あの人の手下(MFC)が私の家族を狙っているんです。」
台北に住む読者、林さんは、今も多くの親戚や友人からMFCの投資説明会の誘いを受けるという。美さんという読者は友人から、今も投資を続けている人の話として「6ヶ月でお金が1.5倍になった」「4年で5000ドルが百万ドルになる」と聞かされた。多くの人に投資を呼びかけたりラインでグループを作ったりしているという。
台中地方検察署の郭景東・襄閲主任検察官によると、MBIグループは台湾で組織的に会員を集め投資を呼びかけているという。昨年捜査当局が摘発したのは「氷山の一角」で、現在も運営が行われている可能性が高く、今後も捜査を続けていくとした。グループのメンバーは『銀行法』、『資金洗浄防止法』に違反した疑いにより起訴されている。車や携帯電話はすべて競売にかけられていたが、現金、不動産などは差し押さえられ捜査中である。
昨年8月李俊毅検察官の指揮により調査局中部地区機動工作室がグループを摘発し、押収された現金は2.4億元にもなった。その後戴被告ら10名の被告が起訴され、台中地方法院は今年4月にも集中して審理を行う予定だ。
検察の捜査によると、「MFC CLUB」のSNSページを開設し、ゲームコイン「GRC (別名・易物点)」への投資を呼びかけていたのは、マレーシアMBIグループの張誉発総裁だった。2012年、浄水器ビジネスに携わっていた中国系マレーシア人の戴被告はマレーシアで500ドルを投資して会員となり、後に台湾で同じく浄水器ビジネスを行っていた王被告を仲間に招き入れた。王被告は台湾におけるグループの代理人として、澳斯芬国際公司を設立して積極的に勧誘を行い、2012年から2016年までに、検察の調べによると四百人以上の投資者の銀行口座から、 30億元近くを騙し取っていたという。
検察側は、グループは自身の成功経験を見せることによって投資者を勧誘していたと指摘する。戴被告は、「もとは500ドル投資をするだけで、 MFCのウェブサイトに浄水器の広告を載せてもらうつもりだった」と話している。戴被告はその後王被告を仲間に入れ、さらにマレーシアで4つの支部を設立した。王被告は検察に対し当初「毎日最高で5000ドルの報奨金がもらえ、摘発され口座が凍結されるまで約270万ドルを得た」と供述、だが後に「それは営業額で、自分はコミッションとして10%の27万ドルしかもらえなかった」と話した。
だがある投資者によると、王被告は勧誘の際、「かつて自分は公園でソーセージを売って暮らしていたが、浄水器ビジネスを初め、戴さんに誘われMFCに参加したら、わずか数年で家数軒と、ビル、高級車などを持てるようになった」と話していた。「定期預金の利子よりいいので、年金代わりに」と言われたという。
この他に起訴された講師の徐源君被告は、「自分も17万元投資し、現金約4000万元を得た」と話し、これとは別にMマネーの約120万ドル(約3600万台湾元)相当を今も保有しているという。
検察によると、グループは豪邸や、高級車で投資者の心を引きつけていたが、実際には営利的事業は行っていなかった。さらに検察は「年利益が100%以上になる投資などありえない。投資された資金は全てメンバーの懐に入っており、新たな会員を勧誘しても元手が戻ってくることはない」とし、投資をしないように呼びかけている。(許淑惠/台中)

 

出典:Apple Daily〔台灣蘋果日報

〔3月19日付〕

 

http://m.appledaily.com.tw/realtimenews/article/local/20170319/1079362/applesearch/MFC吸金已破獲30億 但餘黨還在騙...

 

 

広告を非表示にする

mfaceブログを書く理由

今日は祭日なので、私がこのブログを書く理由を書いて見ようと思う。

個人的な事だが、私の近しいものは2014年に登録した。ひとりは換金できず、2015年に「IDの譲渡」という手続きで脱会した。元金の6割しか戻ってこなかった。

 

私がこの詐欺に関して執心する件、それは、何度も言いますが、人生の先輩である御年寄の世代の被害者を助ける為です。
上の世代の方達のご指導で物質的な豊かさは十分にあります。恩返しがしたいのです。

mfaceの勧誘に逢い、迷った方がこのサイトを訪れ、初見で「やらない方が賢明だ」という結論を得る様、出来るだけ分かりやすく、
明らかに単純な詐欺だとわかる様に投稿しています。

この詐欺には、何度も言いますが、純利益を計上出来る仕組みがありません。従ってネズミ講です。儲かる様に仰いますが、ミリオンクラブの大幹部だった岸井さんが「生活に困窮」するレベルで他皆さんからそれを裏付ける投稿も頂いています。

この悪しき詐欺は既述の様に、既に破綻していて、実質は「終了」しています。昨日は日曜日でしたが私のブログには関心のある方から、2千以上のアクセスがあり、社会一般に開いています。私の目的はmfaceを殲滅する事です。最後まで見届ける所存です。

 

 

 

 

mface実態

今日も新たに被害者の体験談が投稿されています。警鐘を鳴らす為、引用させて頂きます。

以下引用  

 

はじめまして

Mfaceの近況で検索しましたらこちらが目に留まり投稿いたします

現に私はmfaceの会員でした
とある知人から勧められ元本だけ回収すれば、まあ大丈夫かというノリでした
最初の1回目は少し分割という形で返金ありました

2015年 1000$(日本円125000円)で半年後に25000円ぐらい戻りました
この調子ならと嫁と娘に勧め2000$追加しました
計3000$です

で1年後に75000円戻りましたが
なんだかんだ理由をつけられ遅延が続き不信感しかなくmface調べましたら
これはヤバいと感じ退会しました

最終的には退会という概念はない、記載されていません
その時点でおかしいですよね?

私が入金した相手が私の元となる人なので話が違う、すぐに退会する希望しました
なんだかんだ無理みたいなこといわれましたが
私も出るとこ出るつもりでしたのでかなり威圧で退会しましたよ
そこの自宅に行く覚悟決めてましたので
ナメラレタラあかんと思いましたね
結果8割ほど元金は回収しました

 

 

広告を非表示にする

mface 破綻確認

どうやら必死に破綻を隠していたがほころびが出てきた様だ。

昨年の遅くとも10月からMクレジットは破綻している。

 

今年年初から、飲食店で使用できるなどガス抜き策を講じて、あの円天の最期をなぞっているが、遅きに失している。

  今、入会すれば、遅滞している会員の支払に充当され、何も返ってこない。

絶対に入ってはいけない。

 

以下、会員の書き込みより

 

販売Mクエジット 販売Mクレジット一覧 バイヤー待ち 送信をクリックすると、昨年の4月、5月、10月が何故か残っています。

広告を非表示にする

mface岸井氏からのメッセージ

岸井氏にフェイスブック経由で連絡を取り、講師を退任されたか確認した。

本日、以下のメッセージを頂戴した。

以下、岸井氏

 

はい、昨年、12/24 から、
他のビジネスを併用して行っており、ミリオンクラブ講師は2/7 付けで退任しました。

MBI の活動は、1メンバーとして継続しています。

 

先日投稿された方の事実関係が完全に確認できた。

 

mface捜査開始

昨年から何人の方から、警視庁がmfaceについて鋭意操作を始めた旨は聞いていたが、今日投稿で具体的な記述があったので引用する。

以下引用

 

以前母に無断でmfaceに登録されたため、本社に取り消しを求めたところ、本人自身で契約したものではないにもかかわらず、パスポートの提出を求める、取消はできずに譲渡という形になるなどまともに取り合ってもらえなかったため、消費者センターに相談していました。
後日消費者センターから連絡があり、警視庁がmfaceについて捜査を始めたため警察から直接話を聞かせて欲しいとのことでした。
お馬鹿さんたちが目を覚ますのもそろそろですね。

広告を非表示にする

mface講師失踪

ミリオンクラブの講師がサイトから消滅した事について、詳細を述べた投稿があった。引用させて頂く。

以下、引用

 

昨年の8月頃、前田 平塚 両氏がミリオンクラブから仲間割れで消えました。


今年の2月岸井講師が会員同士がつながっているラインから消されました。最期のあがきにメッセージが残されました。

辞めさせられた理由
講師肩書きを利用して、他ネットを勧誘していたから。

岸井氏の言い分
自分自身の生活困窮する状況に追い込まれ収入を得る手段としてやむなく選択した。

岸井氏とはミリオンクラブのトップクラスの人です。
今頃は億万長者のはずです。

会員同士の連絡手段がエムフェイスじゃなくてラインとは・・・
まったく私もバカです。
こんな稚拙なものにまんまと引っかかってしまったのですから。

早くエムフェイス破綻してもらいたい。
もう、これ以上犠牲者を出さないでほしい。
福岡を逮捕してほしい。

 

生々しい実態の暴露だ。mfaceはもう儲かりません。敗戦処理しているだけです。手出し無用です。

広告を非表示にする