読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mfaceハイエナ

換金が相変わらず厳しい状況で昨年と同様、釣り文句でIDを安く買い叩こうとするハイエナの様な連中がいる。

二次被害に繋がるので、十分注意して頂きたい。

困った方は
法テラスhttp://www.houterasu.or.jp/sp/

御自身の地元警察の生活安全課

御自身の地元役所の法律無料相談

東京都消費者総合センター
https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/center/
へ御連絡下さい。

繰り返します。2次被害にご注意を!

広告を非表示にする

投資詐欺を見抜く2

続きますがこちらもご紹介します。

ご参考まで。

出典:http://gamp.ameblo.jp/idecon/entry-12181999528.html

 

最近、仮想通貨や海外不動産等の投資の相談をよく受けますが、儲かるor儲からないの以前に、これらのほとんどが極めて詐欺の可能性が高いです。

金融の知識がある者が聞けばすぐ怪しいと判断できますが、相談してくる方は投資経験の無い方が多いです。
そこで詐欺の疑いがあると見分けるポイントを教えます。

・公のマーケットで取引されていない。(例:株は証券取引所で売買されています)

ネットワークビジネスを通じて投資の紹介してくる。(会社は説明義務があるので、ネットワークビジネスは使いません)

・リスクの説明が無い(今の法律では勧誘する側はリスク説明する様義務づけられています)

・必ず儲かる、絶対儲かると言った断定的判断、若しくは利益が確実と思わせる様な勧誘をしてくる。

・資金の流れが不透明。(分離保管制度等設備は整っているか)

・今がチャンスと契約を急がせてくる。

・途中解約出来ない。

・会社が実在しない。(法務局に行って登記簿謄本に載って無ければ、間違いなく詐欺です。)

・連絡が取れない。

etc

以上の項目に1つでも当てはまれば、詐欺かもしれないと疑って下さい。

儲かる美味い話は実在はします、しかし必ずリスクも有ります。投資で儲けるにはリスクを何処まで許容した上で情報分析するかです。逆を言えばリスクの無い投資はありえません。
今の時代、金融に関する法律はとても厳しく、投資を扱う会社は適合性など投資相応しいか、厳格に取り扱います。
そういう点で、極めて詐欺の疑いがある投資話は勧誘の仕方がありえません。
投資を検討する場合、儲かるかどうかの前にその投資話が実在するか、その会社は信用出来るかを考えて下さい。

広告を非表示にする

mface投資詐欺を見抜く

こちらも良い記事ですのでご参考にしてください。
出典:http://ameblo.jp/my-fudousan/entry-11262070769.html
投資詐欺に遭わないための4つのチェックポイント
1:まずは利益の源泉がどこから生まれるのか?
→しくみに矛盾は無いのか?
2:契約の形態と自分の資金をどこに振り込むのか?
→投資家は保護されるのか?
3:その資金をいつどうやって回収するのか?
→出口戦略とその手続きを確認する。
4:紹介制度がある場合は、それが異常な紹介料では無いか?
ネズミ講ではないか?
これらが明確かつ納得できる物で無ければ、
投資するべきではありません。

mface辻褄合わせ

今日付のクラブワンのサイトにこの様な書込みがあったので、御紹介する。

以下引用

2016年6月より、代行制度は廃止しております。

それに伴い、手数料などの記載のある、登録申請書は無効となっております。

 古い登録申請書をお持ちの方は、ご確認の上、破棄されるよう、お願いいたします。

 また、古い申請書をいまだ使っているグループを見かけましたら、

至急、事務局まで通報ください。

 

お年寄りの会員が多いので、実際は代行という事務屋が資金の流れの中にあって未だに業務を行なっている。

ここにきて、何故こんなコメントをするかというと、台湾と韓国の捜査状況が明らかになるにつれ、騙し取られた現金は全て上位の会員で山分けされ、国内にある事が判明している。

「仕組み」が同じなので日本でも同様だ。「海外送金」というのはフィクションだが、代行を通さずMBIと会員が「一気通貫」である事を装う小道具に過ぎない。「自分たちはアフィリエイトでお金にはタッチしていません」と装いたいのだ。申し訳ないが、全部バレている。

 

 

 

広告を非表示にする

mface仮想通貨詐欺

仮想通貨詐欺かどうか判断する際のポイントを纏めた良い記事があったので引用する。判断材料として頂きたい。

 

以下、「よい詐欺コインの見分け方、7ポイント」より

http://doublehash.me/scam-coin-7/

 

最近は、仮想通貨を使った詐欺やマルチまがいのものが急激に増えています。

「友人から仮想通貨の購入を持ちかけたれたが、判断できずにいる」

「仮想通貨のセミナーに行ったが、投資すべきか?」

というようなことを考えているかたは、ぜひこの記事をお読みください。

いままでコインの特徴などの内容面から判断するようアドバイスをしてきましたが、普通のひとには内容からの判断が難しいことがわかりました。

そこで、内容ではなく、外見的に見分けできて、ほぼ100%判定できる7つのポイントをかいておきます。

 

詐欺コインの見分け方、7ポイント
①セミナーで勧誘している。または友人から勧誘されている。

勧誘するのは、販売のキックバックのためです。

セミナーや、人づてで行うのは、(詐欺なので)公にならない場所で勧誘する必要があるからです。

とにかく、わかりやすいです。セミナーで販売しているものは、すべて間違いなく100%詐欺です。

もう一度いいます。セミナーで販売しているコインは、全部詐欺です。

 

②代理店が販売している

海外の有望なコインを、うちが総代理店になって販売している、みたなもの。

仮想通貨に代理店は不要です。代理店という文字が資料にあるコインは詐欺で、その代理店が詐欺師です。

 

③最低購入価格がある

10万円からといった単位が多いです。なぜならそのくらい買ってもらわないと、詐欺師としては旨味がないため。

本来仮想通貨は、少額で購入できます。

たとえばビットコインは、多くの取引所で、1万分の1ビットコイン(0.0001)単位で購入可能です。日本円にして、10円くらいです。

 

④価格保証がある

価格は、当社が保証して買い支えるので大丈夫、だから絶対儲かる、というのが売り文句です。

普通に考えると、価格保証をしてくれると安心にように思えますが、これは一般には違法行為です。

たとえば、株の場合では値下がりを補填するといって株を販売すると、証券取引法違反です。

金融商品は値下がりリスクもあって、そういうのを理解して買ってもらわないとダメでして、価格を保証するといった無リスクの説明は違法行為です。

 

⑤買取保証がある/買い取りの事例がある

気に入らない場合は、買い取りに応じるということで、安心感を打ち出す場合があります。

そして、「本当に買い取ってもらえた」という人がいて嘘ではありません。

だいじょうぶじゃん!安心じゃん!

じゃなくて、これが巧妙な手口なんです。

買い取りはしてくれますが、およそ50%までしか買い取ってくれません。最初から50%は買い取りするのは織り込み済みなのです。

詐欺をする人からすると、原価ゼロのコインですから、50%返金しても十分儲かります。100%騙す必要はないのです。

 

⑥有名人の名前を出す

やたらと有名人の名前がでてきたするのも危ないです。

ホ◯エ◯ンが購入したとか、フィ◯ピンの国家プロジェクトであるとか。有名な経済学者や経営者がバックについているとか。財界の重鎮が根回ししているので、絶対大丈夫とか。

そういうの、ぜんぶウソですから。え、そんな安易な嘘をつくんですかってびっくりすると思いますが、そうなんですよ。

だって、普通の人はその有名人に直接真偽を確かめることはできないですよね。ですから有名人の名前を勝手につかったところで、その嘘はバレません。

 

⑦日本だけで販売、ここだけで販売

日本だけで独占販売、先行販売というのは詐欺です。

また、特別な許可がいる、ここだけでないと買えないも詐欺です。

詐欺でないコインは全世界同時に販売しており、だれでも許可無く購入できます。

以上どれかに該当したら100%詐欺です
1−7の項目に、ひとつでも該当したら、100%詐欺と考えて疑ってください。ぜんぶ該当でなくて、ひとつでも該当です。

セミナーでは本当のことを言っているみたいだけど?
はい。詐欺師の説明は99%が本当です。

仮想通貨の技術的な革新性、法律が制定されることや、世界中で取引が拡大していることなど。

過去にビットコインを買った人が億万長者になったことや、最近でもある通貨を買った人が100倍、200倍の大儲けしたなど、すべて本当の話です。(イーサリアムという通貨は本当に200倍になりました)

だから、嘘ではありません。

詐欺師の話は、言ってることの99%の話はまともに聞こえます。

なにしろ、本当の事を言っている人の文章を無断でコピペしたり、トークを丸パクリして喋ってますので説得力があります。

ただし、1%だけ嘘があります。つまり、詐欺師が販売するコインが将来値上がりする金の卵だということです。

99%まではまともな話をして、最後に詐欺をはたらくのです。

それでも買いたくなったあなたに
これだけ説明しても、ちょとだけならと手を出す人が後をたちません。

あなたは、実に強欲ですね。詐欺師は、あなたの強欲をカモにしているのです。

強欲な人は騙されます。ほどほどに儲けようと思わず、100倍儲けようと思う人をカモにしています。

「それでも、もしかしたら儲かるかもしれない。他の人を出しぬいて自分だけ売りぬけられるかもしれない」

「将来100倍になるなら、一つでも大当たりをすればよいのではないか。損を覚悟で、少額やってみよう」

という考え方、すばりあなたですよね。

もしかしたら、理性ではわかっていても、それでも賭けてみたいという衝動を抑えきれないのではないでしょうか?

そうだとすると、ギャンブル依存症的な病気ですので、専門機関での根本的な治療をお勧めします。仮想通貨とかそういう話じゃないっぽいです。

詐欺師業界の裏事情?
仮想通貨は、詐欺師業界のなかでいま最もホットな商材になっています。

ホットどころではなく、過去最高の商材だといわれています。

というのも、仮想通貨は、値段がいくらなら妥当といった論拠が存在しませんし、コインも目に見えないものなので、何をやったところで、どこまでが詐欺かという基準が引きづらいのです。

また、仮想通貨なので、証券取引法や金商法、出資法といったキビシイ法律にも触れません。

詐欺師にとっては、こんな好都合な商品はありませんよね。

つまり、実際のところ法律上は詐欺だと立証するのはかなり難しいのです。

「このコインは詐欺ではない」

「詐欺と決めつけるほうが、営業妨害だ」

と反論される詐欺師の方が多いです。

ですが・・

「詐欺ではない」というのは、「詐欺師にとってセーフ」という意味であって、「あなたが儲かる」という意味ではありません。

あなたにとっては、購入したお金は戻ってきません。

ですから、かなり悪質です。

もし詐欺コインを買ってしまったら
残念ながら、泣き寝入りすることになりますが、ダメ元で販売代理店に「買い取り」を請求してみましょう。

買い取りを売りにしているコインもあるので、買い取ってくれる場合があります。

全額は買い取ってくれませんが、50%くらいは買い取ってもらえる事例があるようです。

詐欺師は、50%の返金は想定内で詐欺をしていますので、返してもらえる可能性があります。

詐欺コインを人にすすめないで
最後に、こうしたコインを自分で買うだけではなく、他人に推薦して回ってしまっているひともいるようです。いい話なら広めようと、知人友人にセールスしてしまう。(代理店登録をすると手数料ももらえることが多い)

しかし、これはさらなる悲劇を産みます。自分が詐欺コインを購入して損をするならまだ諦めもつくというものですが、知人友人を巻き込んでその人たちに損をさせてしまうことになると、それだけでは済まなくなります。

社会的地位があったひとが自分の弟子や生徒に購入をすすめ、膨大な被害を出してしまったがために、責任をとって自殺せざる得なくなった、といった事例は過去に何例もあります。詐欺師はお金を持って高飛びし、あなたは自殺です。

友人に投資の勧誘をするのは絶対にやめてください。友人がその投資で損を被った時、代わりに死ぬのは貴方です。

 

 

 

広告を非表示にする

mfaceホラ吹き男爵

先日、2chでmfaceが財務諸表を公開していない危険性を指摘したところ、

「同族会社なので公開しないのだ」というご意見を頂いた。投資を謳う会社が金融庁にも届出をせず、数字をオープンにしない事自体が異常なだが、未公開なのに数字が分かる方がいるらしい。

 

以下、

「マレーシアの資産運用」より

http://s.ameblo.jp/mface-tokyo/entry-12259355682.html

 

はじめまして。


今日から資産運用について、発信していきたいと思います。


老後破産時代をむかえると言われる日本は、年金受給できる年齢も70歳、75歳とも現実問題言われている中で、果たして日本で生活する方たちはこのままで大丈夫なのでしょうか?


わたしが色々調べている中で注目したいのが、こちら。


マレーシアにある『mface』という資産運用の手法です。他の資産運用とは一体何が違うのか?調べていきたいと思います。


『mface』はMBI Internationalというグループ総資本金 約1,000億円のマレーシアのホールディングカンパニーの子会社になります。
MBIインターナショナルが経営する子会社は何と現在100社以上になっています。
2014年は子会社もまだ30社ほどしかありませんでしたが、如何に資本力があるかが垣間見えます。
1から会社を創るのではなく、いま旬の勢いのある会社を買収していくやり方で、傘下に入れていっているようです。
しかも子会社部門である「mface」の事業だけの会社の1年間の利益は1800億円!
売上じゃないですよ、1年間のmface事業の利益だけだそうです。
日本で年間の利益を1800億円出せている会社はどこがあるでしょうか?
調べてみたら、
2016年で言うとパナソニックでした。パナソニックも同じく1800億円。
マレーシアのMBIインターナショナルのグループ子会社のたった1社が、日本を代表する企業と同じ利益数字をたたき出しているという事です。
この会社が如何にすごいかがわかると思います。

 

以上。

 

この1800億という純利益の数字は何処から出てきたものなのだろうか?笑

 

15年度のパナソニックの通期の営業利益は4157億円で16年の第四半期だけが1753億なのだが?  笑

 

最初に高齢化社会の問題を提起し、次に全く関係ない日本の大企業の売上を取り上げ、自分が引き込みたい詐欺の案件の「証左」とするなど、詐欺師としてはとてもクラシックな手法だ。

余りにも詐欺だと分かりやすく、申し訳ないが笑ってしまった。早めの引退をアドバイスしたい。完

広告を非表示にする

テディ会長mポイント説明セミナー

セミナーで台湾の摘発の主要因となる「mポイント」の説明をするテディ会長

以下、Youtubeより

https://youtu.be/kRmc_JqaaGA

 

台湾のネズミ講、mface詐欺の事案について纏めると

 

2016年5月マレーシアのMBI本部でmポイント、meカード等のアイデアを纏め、日本を含む各国と連携。日本の詐欺グループは大勢のグループツアーを組み、台湾を訪問。「素晴らしい」と賞賛、宣伝した。

また、「GRCカーニバル」も開催、MBA主催のセミナーも行ない、本社からエリックが参加しスピーチを行なった。

クラブワンの宣伝はこちら

http://gorgevparis448.hatenablog.com/entry/2017/04/13/mface_台湾太鼓持ち

台湾太鼓持ち

ミリオンクラブの宣伝はこちら

http://gorgevparis448.hatenablog.com/entry/2017/04/12/mface台湾赤恥旅行

台湾赤恥旅行

 

【日本人詐欺グループによる宣伝動画

2016年6月14日付】

http://youtu.be/jihI_QK7_GQ

    その後の報道でご存知の通り、この事案は大規模で、台湾の経済犯罪史上、最高の押収額となる事件に発展した。投資された被害者の資金は全て被告達の懐に入っていることが判明している。

再度、摘発から起訴までの新聞記事を再掲する。ご自身の判断材料として頂きたい。

以下引用

【一獲千金の夢潰える】MFCゲームコイン投資は詐欺だった 捜査当局が2.4億の現金押収

(更新:裁定結果追加)
ゲームプラットフォームは詐欺の道具だった-台中捜査当局によって摘発された国際的詐欺事件。全体の被害額は10億台湾ドル以上、捜査当局は容疑者数名の自宅と会社から現金2.4億台湾ドル以上、ロレックス腕時計10本及び1千万台湾ドル相当の義大グループ商品券を押収、さらに高級車7台と2億台湾ドルを超える高級不動産を差し押さえた。午前中に17人の容疑者が「銀行法」など違反の容疑で台中地方検察署に身柄送検され、検察官による取り調べ後、澳斯芬グループ責任者王金木、台湾通明社責任者戴通明、グループ講師徐源君、山水社取締役助理周克良ら4容疑者について勾留が申請された。裁判官による審理の結果、依然として逃亡中の共犯者がいること、4人は結託して罪証隠滅のおそれがあることなどを理由に、接見及び通信禁止の勾留となった。

調査局中部地区機動工作室は度重なる通報を受けていた。それによると、澳斯芬社は2013年から、台北、桃園、台中などで投資説明会を行い、ウェブサイトを通じてマレーシアMBIグループ傘下のMFC CLUBのサイトにあるゲームプラットフォーム「GRC」に投資すれば、GRCのゲームコインを獲得でき、確実に儲かるとしていた。

昨日午後、李俊毅検察官、林宏昌検察官らが中部機動工作室の14のチームを率いて、台湾北・中・南部にある台湾通明社、澳斯芬社、山水社及び財富密碼社及び戴通明容疑者らの自宅を捜索し、2億4571万台湾ドルの現金を押収、20人余りに夜通しで取り調べを行った。

捜査当局によると、詐欺グループは投資者に、GRCに100~5000米ドルを投資し続ければ、保有するゲームコインの量と価値は上昇し続け、さらに1000米ドル投資すれば、6ヶ月ごとに価値が1.5倍になり、54ヶ月で3万8443米ドルとなって、年利率に換算すれば125%にもなるとしていた。

さらに投資者を増やすため、戴容疑者は山水社と結託し違法な「米卡(カード)」を発行し、投資者に配当金をポイントに交換させ、特約店での消費や悠遊カード、E-DAアウトレットモールギフト券、自動車などの商品に交換させていた。

さらに、今年6月には同グループは高雄義大世界展覧中心にて「GRCカーニバル」を行い、投資による儲け話を大々的に宣伝し、仮想通貨詐欺だと知らなかった人々から、わずか2日間で3億ポイント(1ポイントは1台湾ドル)以上をだまし取った。

捜査当局によると、同グループは台湾国内で約千人から10億台湾ドル以上をだまし取っていたとみられ、新体制施行後国内で没収された犯罪利得としては最大となった。(許淑惠/台中報導)

出典 Apple Daily【台灣蘋果日報

2016年8月5日付

http://m.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20160805/922527/


 
MFC詐欺事件 30億元摘発も続く被害

マレーシアのMBIグループによる台湾でのねずみ講事件。グループは「MFC CLUB」と称するSNSのページを設立、「必ず儲かる」とした仮想ゲームコイン「GRC」への投資を呼びかけ、昨年台中捜査当局の取り調べを受けるまでに30億元余りを騙し取っていた。中国系マレーシア人の戴通明被告及び台湾での代理人となった王金木被告ら10人が起訴されたが、MBIグループは未だに台湾で活動を続けているようだ。本紙には「家族が被害に遭っている」という読者からの情報提供が次々に寄せられた。当局は今後も捜査を続け、出資をしないよう呼びかけていく予定だ。

読者「文さん」が本紙に伝えた内容は以下の通り。最近、昨年MFCに投資したという親戚が、「8ヶ月で元がとれた」と両親のもとへ足しげく勧誘に来るようになった。家や車を買った親戚の一家は、全員がお金をつぎ込んでいるという。「両親にもしつこく勧めてくるんです」。「そんなうまい話があるわけがない」と文さんは言ったが、家や車の話は本当らしいと知った両親は心を動かされてしまった。「怒りが収まらず165に連絡しました。あの人の手下(MFC)が私の家族を狙っているんです。」
台北に住む読者、林さんは、今も多くの親戚や友人からMFCの投資説明会の誘いを受けるという。美さんという読者は友人から、今も投資を続けている人の話として「6ヶ月でお金が1.5倍になった」「4年で5000ドルが百万ドルになる」と聞かされた。多くの人に投資を呼びかけたりラインでグループを作ったりしているという。
台中地方検察署の郭景東・襄閲主任検察官によると、MBIグループは台湾で組織的に会員を集め投資を呼びかけているという。昨年捜査当局が摘発したのは「氷山の一角」で、現在も運営が行われている可能性が高く、今後も捜査を続けていくとした。グループのメンバーは『銀行法』、『資金洗浄防止法』に違反した疑いにより起訴されている。車や携帯電話はすべて競売にかけられていたが、現金、不動産などは差し押さえられ捜査中である。
昨年8月李俊毅検察官の指揮により調査局中部地区機動工作室がグループを摘発し、押収された現金は2.4億元にもなった。その後戴被告ら10名の被告が起訴され、台中地方法院は今年4月にも集中して審理を行う予定だ。
検察の捜査によると、「MFC CLUB」のSNSページを開設し、ゲームコイン「GRC (別名・易物点)」への投資を呼びかけていたのは、マレーシアMBIグループの張誉発総裁だった。2012年、浄水器ビジネスに携わっていた中国系マレーシア人の戴被告はマレーシアで500ドルを投資して会員となり、後に台湾で同じく浄水器ビジネスを行っていた王被告を仲間に招き入れた。王被告は台湾におけるグループの代理人として、澳斯芬国際公司を設立して積極的に勧誘を行い、2012年から2016年までに、検察の調べによると四百人以上の投資者の銀行口座から、 30億元近くを騙し取っていたという。
検察側は、グループは自身の成功経験を見せることによって投資者を勧誘していたと指摘する。戴被告は、「もとは500ドル投資をするだけで、 MFCのウェブサイトに浄水器の広告を載せてもらうつもりだった」と話している。戴被告はその後王被告を仲間に入れ、さらにマレーシアで4つの支部を設立した。王被告は検察に対し当初「毎日最高で5000ドルの報奨金がもらえ、摘発され口座が凍結されるまで約270万ドルを得た」と供述、だが後に「それは営業額で、自分はコミッションとして10%の27万ドルしかもらえなかった」と話した。
だがある投資者によると、王被告は勧誘の際、「かつて自分は公園でソーセージを売って暮らしていたが、浄水器ビジネスを初め、戴さんに誘われMFCに参加したら、わずか数年で家数軒と、ビル、高級車などを持てるようになった」と話していた。「定期預金の利子よりいいので、年金代わりに」と言われたという。
この他に起訴された講師の徐源君被告は、「自分も17万元投資し、現金約4000万元を得た」と話し、これとは別にMマネーの約120万ドル(約3600万台湾元)相当を今も保有しているという。
検察によると、グループは豪邸や、高級車で投資者の心を引きつけていたが、実際には営利的事業は行っていなかった。さらに検察は「年利益が100%以上になる投資などありえない。投資された資金は全てメンバーの懐に入っており、新たな会員を勧誘しても元手が戻ってくることはない」とし、投資をしないように呼びかけている。(許淑惠/台中)

出典:Apple Daily【台灣蘋果日報
2017年3月19日付f:id:gorgevparis448:20170416151106j:imagef:id:gorgevparis448:20170416151122j:imagef:id:gorgevparis448:20170416151144j:imagef:id:gorgevparis448:20170416151205j:imagef:id:gorgevparis448:20170416151223p:imagef:id:gorgevparis448:20170416151249j:imagef:id:gorgevparis448:20170416151306j:imagef:id:gorgevparis448:20170416151321j:image

全く同種の犯罪組織が日本で行動しているのだ。