mfaceマレーシアテレビ局報道

地元マレーシアの華僑系テレビ局

「astro本地圏」がMBIの一連の摘発を

伝えている。中国語だか、動画なので

一連の内容はご理解いただけると思う。

非常に興味深い。

 

以下、「astro本地圏」の動画配信より

 

1.   6月21日公開MBI本社付近の様子

 

https://youtu.be/eZ9mpiD_ELM

 

2.  6月22日公開  

  MBIの各国での悪行の数々と今回の摘発

 

https://youtu.be/Qc_82T0mjtM

 

こちらには、以前御紹介したタイや台湾の摘発が載っています。

 

ご参考迄。

 

 

 

 

 

 

 

 

情報提供のお願い

流動的な状況ですが、進捗によっては、7月15日神戸国際展示場で開催予定の

神戸のカーニバルで、犯罪集団がお年寄りから「最後のひと稼ぎ」を行い、

そのまま終幕という可能性も出てきました。

 

このブログをご覧になった方達にこれをなんとか阻止するため、是非情報提供をお願いしたいと思います。

 

神戸県警の生活安全課の方達はmfaceについて把握されています。

 

マレーシアでは、市民の通報が摘発に繋がったと消費者担当大臣が述べられていました。宜しくお願いします。

 

神戸県警 生活安全課

078-341-7441. 内線番号  3367

 

広告を非表示にする

中国投資家怒り心頭

多額の資金を投資した中国の会員が

金を失ったと激怒している。

 

以下訳

 

MBI投資家、中国のオンラインフォーラムで怒り


PETALING JAYA発:12社以上のMBIグループインターナショナル投資家は、創設者の逮捕後に投資の回収を求めるために、中国の有名なオンラインフォーラムに参加した。
shouMshiBdiaoi氏と手を携えた不満のある投資家は、個人的に35,000元(22,000リンギッド)を失い、広西チワン族自治区のグループは総額5160万元(32.4百万リンギッド)を失ったと不満をぶちまけた。

 

私はこの生涯でMLMに再び参加することはないと誓っている!同氏は水曜日、中国最大のオンライン検索大手BaiduのTiebaフォーラムにマルチレベルマーケティングスキームを引用して掲載した。

 

フォーラムのスレッドによると、木曜日に69人の投資家がマレーシアに到着し、MBIインターナショナルに資金を返済することを要求している。

 

MBIインターナショナルは、主に北部に拠点を置くバーチャル・マネー・スキームだ。

 

月曜日に移送されたMBIグループ・インターナショナルの設立者はその後、警察の保釈で解放された。

 

警察当局によると、同氏は、指名手続きが木曜日に期限切れとなり、Kulimの警察署で「Tan Sri」が摘発される1日前に解放されたという。

 

彼は2001年の反マネーロンダリング、反テロ資金融資、不法行為の収入の下で捜査を可能にするために差戻された。

 

火曜日、国内貿易協同組合および消費者保護省のダトゥク・モッズ・ロスラン・マハイディン(Drak Mohd Roslan Mahayudin)執行部長は、MBIインターナショナルの設立者である彼の名前を明らかにしなかったことを発表した。

 

彼は、国家歳入救済隊、司法長官室、税関局、マレーシア腐敗防止委員会、内国歳入委員会、銀行ネガラ、マレーシア企業委員会、移民局、および雇用管理局を含むOps Token IIのコードネームのオペレーションで逮捕された。

 

彼らは、1カ月の監視の後、KulimとPenangのいくつかの施設を強制捜査し、3つの高級車を押収し、外貨を含むRM2milを超えた。
MBIインターナショナルにリンクされた98の銀行口座は合計209百万リンギットとなった。

 

出典:The Star

6月22日付

http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/06/22/mbi-investors-vent-anger-in-online-forum-in-china/

 

f:id:gorgevparis448:20170622133639j:image

 

 

 

広告を非表示にする

mface創業者保釈

各位

MBIの創業者が、規定の保釈金を払って

本日午後、釈放されました。

今後は、在宅で出廷する事でしょう。

 詳細が判明しましたら、改めてお伝えします。

http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/06/21/top-mbi-group-international-official-released-on-police-bail/

広告を非表示にする

mface マレーシア国内反響

これが今日6月21日のマレーシア国内の

日刊紙一覧だ。

 

如何にMBI創業者逮捕の一報の衝撃が

大きかったか、よく理解出来る。

 

f:id:gorgevparis448:20170621154538j:image

 

出典:what are Today's Headlines

6月21日付

http://malaysiandigest.com/frontpage/29-4-tile/682225-what-are-today-s-headlines-21-06.html

 

mface創業者逮捕

MBIの創業者が逮捕された。

今日は記念すべき日となった。

 

以下訳

取締でMBIの創設者逮捕

 

GEORGE TOWN:デジタル通貨プロバイダーMBI Groupの創業者は、ネズミ講の継続的な取り締まりで今日逮捕された。当局はこれまで98の銀行口座を凍結しており、このケースに関して合計で2億900万リンギットを凍結している。
貿易、協同組合、消費者保護部長官Datuk Mohd Roslan Mahayudinは、50代前半の容疑者がKulimのKulimにあるMBIの施設の襲撃中に拘束されたと述べた。
同氏は、これらの口座はマレーシアの口座であり、49の法人口座と49の口座を持ち、口座保有者が質問のために呼び出されるであろうと述べた。
同被告は、2001年の反マネーロンダリング、反テロ資金供与、不法行為収入法の下での捜査を支援するために、4日間拘留されたと述べた。
彼はまた、当局は、容疑者の親戚に属する4つの銀行口座を凍結し、3000万RM3を凍結したと述べた。
モハス・ロスラン氏によると、陸軍職員は、月曜日の午前6時30分にクルムにも、バングワースのサンガイ・ドゥアにも2つの施設が捜査で急襲されたという。
同氏は、役員がバートワースの敷地内から28万リンギッドの現金を押収したと同時に、Kulimの敷地内にあるRM187,612の現金と、様々な金額のRM218,000の現金を押収したと述べた。
"また、3つの高級車、ジャガーのRM 350,000、レンジローバーRM 900,000、ベルファイアのRM 300,000が押収された"と彼は今日記者会見で述べた。
Bank Negara Malaysia(BNM)は、疑わしい財務計画を立てていたとされていた。
Mohd Roslanは、当局はまだこのスキームに関して投資家からの苦情を受けていないと述べ、そうするよう促した。
「これらのタイプの(人の)タイプは、利益を得たときに静かなものであり、損失を投資の損失とみなす」と尋ねられたときに彼は言った。
Mohd Roslanは、マネー・ローンダリングやテロ資金調達の要素があるかどうかを判断するための調査はまだ進行中だと付け加えた。
一方、MBIが発行したデジタル通貨を尊重しているMモールでのサンのチェックは、いつものようにビジネスを示していた。
トレーダーらは、同社に対して新たに施行された執行措置を知らなかった。
衣類商人のコー・シン・イー(Khor Xing Yi)さん(19)は、彼女は執行措置については気づいていないが、そのような行為はモール内の企業に影響を及ぼさないと感じていた。
「最高経営陣にとって懸念されるかもしれないが、私たちにとっては懸念事項ではないかもしれない」と彼女はデジタル通貨の追加は引き続き使用できると述べた。
Yeohとして知られることを望んでいた別のトレーダーは、何が起こったのかを知ったときにショックを表明した。
しかし、彼は会社とは何の関係もなく、自分の商品を売っていたので、これは彼の心配ではないと彼は言った。
Haizaという名前だけになりたい買い物客は、同社に関する最新の開発について心配していたと語った。
「これまでのところ、私はまだM-Coin(デジタル通貨の名前)を使用することができます。うまくいけば、これは影響を受けません」と彼女は述べましたが、詳しく述べることはしませんでした。

出典:sun daily

6月20日付

http://m.thesundaily.my/node/454703

動画

https://youtu.be/zzn4zLtw_p8

The Star 6月20日付

 

 

f:id:gorgevparis448:20170620201832j:image

 

 

 

 

広告を非表示にする

mface中国一挙62名逮捕

各位

中国より重要な一報が入りましたので、急ぎ御連絡申し上げます。

中国浙江省台州市で   地元浙江警察が 5月19   日   62名を一斉に逮捕しました。

この新聞記事の文脈から、mfaceは「犯罪組織」であることの認識は定まっており、はっきりと対決する姿勢が見て取れます。

 

台州の警察がMBI巨大インターネットネズミ講事案を解決


椒江警察は7カ月あまりの綿密な調査を経て、台州市公安局の統一的指揮を受けながら、「MBI」巨大インターネットネズミ講事案を成功裏に解決した。犯罪容疑者は「ゲーム型資金運用プラン」という言葉を隠れ蓑に、インターネットプラットフォームを介して「人をかき集めて」、彼らに会員登録をさせ、会員費用を徴収してそこから利益を貪っていた。この事案に該当する資金は3,000万元あまりで、該当する人数は1,000人あまりにのぼった。

昨年9月、椒江区公安分局経済犯罪捜査大隊が事案の手がかりを掴んだ。椒江に、本部をマレーシアに置く「MBI」ネズミ講グループに加入した者がいたのだ。更に捜査を進めていくと、2014年以来、犯罪容疑者の王某、朱某、徐某などの人物がオンラインでの紹介により、現地マレーシアを訪れて視察を行ってから、資金を投じてネット上で登録をし「MBI」に加入したことが分かった。その後、彼らは「ゲーム型資金運用プラン」いう言葉を隠れ蓑に、椒江で絶えず下位会員(ダウンライン)を開拓していたのである。

警察側では捜査の初期段階で、5月13日当日に、椒江、黄岩、路橋在住のネズミ講構成員60数名がマレーシアに実地視察に赴き、これらの者が5月19日未明に杭州から大型バスに乗って帰還するとの情報を把握した。そのため当日未明、市、区両レベルの警察では100名の人員を配置し逮捕作業に当たらせた。

そして19日未明3時頃に、逮捕係員が章安高速道路の出口に潜伏し、王某などの62名の構成員を取り押さえ、携帯電話とネズミ講の関連資料を押収した。

当方の取材により、「MBI」は従来型のネズミ講のモデルと違い、新型のインターネットネズミ講であり、担当者が決められた場所でPRの説明を行って洗脳させ、上位会員と下位会員の融合方式で進められることが分かった。誰でもウェブサイトで100~5,000米ドルを支払うだけで会員になれ、下位会員を開拓する資格が得られるのである。

事案を担当した警察官によれば、ネズミ講グループは往々にして詐欺的な性質が強いと説明した。そして、名称はそれぞれ異なっているものの、運営モデルはおおよそ似通っており、往々にして高額の報酬をエサにしているので、市民に皆様には、こうしたグループの姿をはっきり見定めて欲しいとのことであった。

 

出典:中国台州日報

6月1日付

http://www.taizhou.com.cn/weiquan/2017-06/01/content_3525843.htm

 

f:id:gorgevparis448:20170620123545j:image

 

f:id:gorgevparis448:20170620123608j:image 

 

f:id:gorgevparis448:20170620123712j:image