読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mfaceタイ特別捜査本部

各位

タイより重要な情報が入りましたので、急ぎ御連絡申し上げます。

タイの高級紙 バンコクポストが本年4月29日に伝えた内容です。麻薬シンジケートとの関係が浮上しています。

 

以下内容訳

 

タイ特別捜査本部MBIへの捜査を拡大

 

 特別捜査本部(DSI)は、昨年1月に強制捜査した南部地域の企業(MBI)に調査を拡大し、8300万バーツ以上のタイと外貨を押収した。 同省の副本部長であるPol Maj Suriya Singkamolは、DSIはMBIグループに対する調査を進めており、脱税と違法な名義人登録の捜査に集中していると述べた。 DSIは、事業開発部と緊密に協力して、同社が外国事業法に違反して5つの子会社を設立する際に虚偽のタイの名義人を使用していることを発見した、と彼は述べた。 昨年1月、当局はソンクラー県サダオ地区のタンボン・サムナクサムでMBIグループを急襲し、8300万バーツ以上の外貨を押収した。同社はマネーロンダリング活動を行なっているとして非難されている。 当局は、MBIグループに関連する外貨を含む大量の文書を押収したが、これらの文書は改竄が施されていた。 

当局のMBIに対する関心はラオスの薬物乱用容疑者(逮捕)Xayasana Keopimphaと国際的な薬物シンジケートへの捜査の際に再浮上した。

この男はタイでMBIがネズミ講を計画したが成功しなかったと供述した。

 

MBIグループはソンクラーのサダオ地区の動物園を含む6つのホテル9つのアパート、2つのリゾートなどに投資し、総投資額は20億バーツ程である。

 

この被疑者がマレーシアとタイの両方の虚偽の国籍でディレクターとして会社登記されていた。

 

出典:バンコクポスト

4月29日付

http://www.bangkokpost.com/news/general/1237234/dsi-expands-mbi-group-investigation

 

 

 

f:id:gorgevparis448:20170520081049j:image