mface摘発日報

今週に入ってから、午前と午後ほぼ毎日マレーシアから重要なニュースが入っている。「山が動いた」という事だ。

 

以下、Starより

 

PUTRAJAYA:MBIグループ・インターナショナルに関連しているいくつかの地点での摘発に伴い、91の銀行口座のうち177百万リンギットが凍結されたが、まだ逮捕者は出ていない。

これは当局が最初に押収されたすべての証拠を調べてから、関係者に対してどのような措置を講じるべきかを決定しているからであると、国内貿易協同組合および消費者主義省の執行責任者、Datuk Mohd Roslan Mahayudinは述べた。

「私たちは一般からの苦情を受け取り、メディア報道機関や他の機関からの多くの情報があった」と同省の本部で、バーチャルマネー投資計画がどのように告発があったか説明した。

このねずみ講計画がどのくらいの期間実施されているかについては、詳細は述べなかったが、彼はそれが少なくとも5年から6年であると思われると述べた。

月曜日、複数の摘発チームがクアラルンプールのMスクエアロジスティクスセンターとペナンのショッピングセンターであるMモールを摘発した。今まで買い物客は商品と引き換えにロイヤリティポイントを使用していた。

Ops Tokenと呼ばれるこの摘発作戦は1993年のDirect Selling and Anti-Pyramid Scheme Actに基づいて行われ、省庁、警察、マレーシア企業委員会、Cyber​​Security Malaysia、Bank Negaraの役員によって実行が決定された。

Mohd Roslanは、凍結された口座がMBIに関連しており、2001年の反マネーロンダリング、反テロ資金調達、不法行為の収入法の下で凍結されたことを確認した。

彼は、口座は8つの異なる銀行、43の会社口座、48の個人口座を持っていたと付け加えた。

しかし、彼は、所有者の名前を明らかにするのは時期尚早だと述べた。

ねずみ講の増加についての質問によると、一部の事業者は免許を取得したが、直接販売法で許可されていない製品やサービスを提供する事業計画を変更して濫用したケースもあった。

「ピラミッド方式は、実際には他のことをやっているのに、一般の人を説得するために通常のライセンスを使用する」と彼は語った。

これを防ぐために、Mohd Roslan氏は、省庁は免許保有者に職務と責任について厳しいリマインダを与えると述べた。

最近、MBIインターナショナルは、疑わしい経済活動を行っているという理由で、Bank Negaraによって警告リストに追加されました。

メンバーはスキームにお金を入れ、多くのバーチャルコインを受け取ります。1年以上の「インキュベーション期間」後、彼らはこれらのコインを、MモールのようなMBI傘下の小売店で商品やサービスに費やすためのポイントに変換することができます。

この制度は毎年大きなリターンを与えていると言われており、ペナンで設立された金融機関の中で最も長く運営されていた。

仮想ポイントを使用している他の企業が摘発に直面する可能性があるかどうかを問うMohd Roslanは、ケースバイケースで調査すると述べた。

 

 f:id:gorgevparis448:20170601160229j:image

 

 

出典:The Star 6月1日付

 

http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/06/01/rm177mil-in-91-bank-accounts-linked-to-mbi-frozen/

 

 

 

広告を非表示にする