mface創業者投獄の過去

今日のThe Starがmfaceの創業者が過去に別の詐欺事案で立件され、投獄されていた過去を報じている。

「札つき」の前科者の犯罪者だった事が

明らかになった。

 

以下訳

MBIの創設者が過去に投資家を騙した詐欺事件で投獄の前科

 

GEORGE TOWN発:MBI Group Internationalの創業者Tedy Teow Wooi Huat(51歳)は、その世界では良く知られた人物だ。彼は2008年から2010年までIsland Red Cafeフランチャイズ詐欺事件の中心人物だった。
仮想通貨制度で注目を集めているTeowと28歳の息子Chee Chowは、カフェ・チェーン・詐欺スキームの投資家に不正行為をさせ、誤解を招いたとして投獄されている。
2011年8月、クアラルンプールのアンパン・セッションズ裁判所は、父親と息子の両方にそれぞれ1日の懲役刑を宣告し、合計160万リンギットの罰金を科した。
その後Syarikat Island Red Cafe Franchise Sdn BhdのエグゼクティブディレクターであったTeow氏と同社の息子である93歳の人に合計1,040,000ルピーの投資を不正に誘導したことを謝罪した。
彼らは2008年1月1日から2010年2月28日までAmpangにあるPandan Indahの会社の施設で犯行を計画、実行した。
MBIは、5月22日にBank Negaraによって疑わしい経済活動計画を立てていたことが明らかになった後、脚光を浴びている。
当局は、MBIがここで運営するショッピングモールMモールと月曜日にアンパンにあるMスクエア物流センターを摘発し、水曜日に同社と関連したRM177百万円リンギッドを含む91の銀行口座を凍結した。
MBIはそれ以来、会員に外部に話さないよう口止めし、調査を公開しないよう要請した。
メンバーは、そのスキームにお金を入れ、その代りに多数のバーチャルコインを手に入れる。
1年以上の「インキュベーション期間」後に、これらのコインをロイヤリティポイントに変換して、MモールのようなMBI傘下の小売店で商品やサービスに交換することができます。
この制度は毎年大きなリターンを与えていると言われており、ペナンで設立された金融機関の中で最も長く経営されていると考えられている。
メンバーは、中国、タイ、インドネシアシンガポール、フィリピン、香港、台湾、マレーシアなど数百万人にのぼると言われている。
Teowはペナンの出身考えられている。
同社のウェブサイトによると、Teowは2009年にMBI Group Internationalを設立した。
Jalan Sultan Ahmad ShahのホテルとJelutongの中華レストランは、メンバーが両方の場所でポイントを過ごすことができるので、会社と密接に関連していると言われている。
マレーシア企業委員会の調査では、MBI International Sdn BhdがTeow Mooi Goay(47歳)、Teow Ee Meng(26歳)、Khoo Kien Hor(47歳)を秘書に、株主はEe MengとChee Chowで、資本はRM1milです。
Ee MengはTedy Teowの息子でもあると信じられています。
一方、昨日Mモールではいつものような様子だった。MBIのメンバーが彼らのポイントを使い切るように急いでいるようには見えなかった。
業者はまだ購入のポイントを受け入れていた。
Kumarとしてだけ知りたいと望んでいたMBIのメンバーは、閉鎖されるが、情報カウンターの従業員が心配することはないと話したことを聞いた後、モールに来たと語った。
電話で連絡を受けたMBI管理職のTeow Ling Lingは、モールはいつものように運営されていると語った。
月曜日の摘発の後の同社の最新動向について質問をしたところ、「コメントはありません」と言って電話を切った。
記者の経営陣からのコメントを得るための記者たちの努力が無駄になった。

出典:The Star 6月2日付

http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/06/02/no-stranger-to-controversy-mbi-founder-jailed-before-for-cheating-and-misleading-investors/

 

f:id:gorgevparis448:20170602113731j:image

 

 

 

 

広告を非表示にする